ARASHICの気まぐれ日常生活奮闘日記

2児の母の私はウツ病になってしまいました。家族、友達、嵐に支えてもらい、勇気をもらいながら日々奮闘しております。テレビも見れない、音楽も聴けない、電気の明るさも無理だったけど、ここまで回復できたので、感謝の気持ちを忘れないよう日記を気まぐれに書き留めちゃいます(o´艸`)でも愚痴も言っちゃう(笑)

\(●⁰౪⁰●\)(//●⁰౪⁰●)//キタ〜!!

ついに待望のアレの発売決定💙

LIVE DVD&Blu-ray 『ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」』 6月13日(水)発売決定💙

初回も通常も両方欲しい…。新曲も出るし…。でも…お金が⤵︎⤵︎⤵︎

しかも、発売日の5日後には息子のbirthdayが…。

サンタさんは来ませんかねぇ(´+ω+`)f:id:t1140306:20180427163113j:image

自閉症スペクトラム

多分、中2の息子は自閉症スペクトラムの疑いが強い。確定ではないけど、非常にグレーゾーンに近いらしい。

小学校3年生の時と6年生の時に簡単なテストを受けただけで、そのほかのテストは全て息子が拒否をし、療育も拒否をし、とうとう病院にも行かず…。

元々集団の中に入る事、人前に出る事に対して不安が強く、小2の三学期から小3の一学期まで不登校になり、小6の二学期から現在は保健室登校をしています。中学校では通級指導に加えてスクールカウンセラーさんのカウンセリングを受けたりして過ごして、部活に参加して過ごしています。

部活のメンバーは全員先輩だけど、息子と似た特性の人たちみたいなので部活は楽しいようです(∗ˊ꒳ˋ∗)

クラスも通常学級ではなく、支援学級や、他にも色々と勧めてみたものの、「支援学級に通うと、悪口を言われてる人を見てきたから嫌だ」とか「学校じゃない場所に行くのは、いくら出席扱いになっても皆と違うから嫌だ」と受け入れず…。(今も充分みんなと違うと思うんやけどな〜💦)

新学期が始まる事に不安感が強く、2年生に進級した時も大好きな先生の移動があり、悲しさや不安で学校に行くまでの葛藤は凄まじいものでした。

カウンセラーさんに「息子さんにはもっと成功体験を積ませてあげて下さい」とご指導をいただき「なるほど〜」と思ったのですが…。

よく考えたら、一体どうやって成功体験をさせたらいいのかが分かりません。

「経験した事のない出来事」「初対面の人」「初めての場所」…。これが大の苦手。

息子の課題は主にそれが中心になっている事は分かるのですが、嫌がっているのを無理矢理させるのも、どうかな〜?とも思うし…。

今思えば赤ちゃんの時から、色々と特性が見えていたのに「癇癪持ち」「甘えん坊」「泣き虫さん」くらいにしか捉えてなくて…。

もっと早く気付いてあげていれば、もしかしたら今ほど息子は苦しまなくて済んだのかもしれない。

もう思春期に突入し、さらに情緒不安定な年頃になってしまった…。

ただただ、あの子の味方で居てあげたい。

「この子、とっても優しい男の子なんですよーっ!!」って自慢したい。

あの子の幸せな未来を作るのを手伝いたい。

多分、きっと「私」と「息子」の描く「幸せの形」が違うんだと思う。

私は今の関わり方で大丈夫なの!?どう支えて応援してあげたらいいんだろ。

(´×ω×`)脳内洗脳

突然、脳内♬°⋆ɱUꑄյ͛ʗ⋆°♬がスタート!!

 

「昔、昔、あるところ。

じいちゃん、ばあちゃん、和気あいあい。じいさん山へ芝刈りに、ばあさん川へ洗濯へ。

大きな桃かと思ったら、小さな小さな一寸法師。浦島太郎に金太郎。桃から生まれた桃太郎。竹から出てくりゃかぐや姫。桃栗三年柿八年。なにをおっしゃるサルカニ合戦。すったもんだの昔の話。ブンブクチャガマが、ブンブクチャガマが…。摩訶不思議!摩訶不思議!摩訶不思議oh Yeah!〜(*´∀`)♪」ってリピートされて眠れない…。脳ミソご機嫌や💦

 

#日本よいとこ摩訶不思議(嵐Ver.)

 

:.゚٩(๑˘ω˘๑)۶:.。春だ〜!!

春休みも終わり、子供たちも無事進級し、新たなスタートが始まりました♪

私自身がまだ春休みモードから切り替えられていなくて「寝坊したらどうしよう!?」と不安に襲われて、不安で不安でたまりません💦

そして、花粉症…。滝のように止まらない鼻水。止まったら鼻詰まり。

口呼吸は喉が渇くから嫌だ〜!!

アレグラ様、今年もよろしくお願いします!!

f:id:t1140306:20180409224046j:image

 

心配ご無用!!

息子さんの部屋が見事な散らかりを見せていました…。

 (๑⃙⃘·́ω·̀๑⃙⃘)੨੨困ったヤツだぜ!

というわけで、天気がいいので強制的に布団を干し、シーツを洗い、掃除機をかけてスッキリした時に母は今がチャンスだ!!と気づいたのです(`✧∀✧´)キラーン!

「ついでに1年生の時の教科書をココに片付けて、プリントも要らないのは捨てて〜!!」と新学年に向けてお片付けdayになりました。

もちろん、お嬢様の教科書類も整理して、クレヨンやらクーピーやら足りない物をリストアップして新学年に向けての準備をはじめさました。

するとお嬢様が「クレヨンとか、いっぱい短くなるまで使ってごめんな。いっぱい買わなアカンでいっぱいお金いるでごめんなさい。」って…。

( ´༎ຶㅂ༎ຶ`)何と健気な…。

「それだけ学校で一生懸命お勉強しとるから減るんやで♪なんにも気にせんと思いきり使いな😁」と伝えておきました。

ほんま、お金の心配させて可愛そうやったなぁ。

確かに今は働いて無いから生活が大変だけど、アナタ達のためなら母ちゃん頑張って何とかするさ!

心配いらねーよ〜!!

卒業シーズン

一昨日は小学校の卒業式。昨日は保育園の卒園式。

息子の卒業式から早くも一年が経過したんだな…。

小6の二学期に急に集団が怖くなって、教室に入れなくなった息子。

卒業式の日はやっぱりクラスの友達と入場ができなくて、ちょうど私と主人が座る保護者席のすぐ近くに養護の先生と通級指導の先生と一緒に座ってスタンバイしていた息子。

卒業証書授与が始まった時、先生が「やっぱり壇上に上がるのは無理みたいです。」と、伝えに来て下さって。

主人と「分かりました。」と言ったものの、やっぱり諦められなくて思わず息子の側に駆け寄って「無理ならいい。でもお母さんのワガママを言わせて!!アンタが壇上で校長先生から卒業証書を受け取る姿が見たい!!無理ならいいから。」って息子にワガママを言ってしまって…。

主人には「余計に目立つような事をしてやるなや!!」って怒られたけど、そんな事、どうだっていい。

すると不安で泣き崩れていた息子が、自分の順番が来た時に壇上に上がって証書を受け取ってくれた…。

もう涙が止まらなかった。

そのまま先生の所には行かず、クラスの自分の席に着席して、クラスのみんなと退場していきました。

 

友達が今日は卒園式だ!!卒業式だ!!ってLINEを送ってくれた時に、まだ昨日の事のように思い出しました。

 

あれから一年。

中学一年生を終えた息子に「中学に入って最初の頃は癇癪おこしたり、パニックになったり色々あったけど、三学期からは落ち着いて過ごせたな!すごい成長したなぁ!!」と話していました。

思春期真っ只中で自分でも理解できない感情と戦っている息子。

何もしてあげられないけど、一緒にお昼ごはんを食べたり、一緒に家事をしたり、アホみたいな事を喋ったりしてる何でもないような日々。

もう少し仕事をせずに、側にいて安心させてあげたい。

 

娘も、勿論どんどん成長しています。

学校に行く時「今日が最後の2年生や!!気をつけて行ってらっしゃい!!」と見送りました。

娘のこの一年の作品の中に、「クラスのみんなの良いところを探す」という内容の紙が入っていて。

「優しい、粘り強い、絵が上手」と言う言葉が並んでいました。

本当に娘の事を知ってくれているんだなぁって、嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

 

この一年を振り返ると、2人とも、すごく成長しているのを改めて感じていました。

昨日は何だか濃厚な1日だったなぁ。

 

 

朝が来たな…

(๑•́ω•̀๑)夜が明けでしまったぜ…。

一睡もできなかった。

焦り、憤り、不安がどんどん溢れてくる。

気づいたら36歳になってた。

気づいたら父ちゃん定年がきた。

気づいたら子供たちが成長してた。

年の離れた弟のような、我が子のような甥っ子。高3になるんだ。

長男が中2、長女が小3。

仕事しなきゃ。仕事しなきゃ。

みんなは「病気をしっかり治してから働こ」って気長に待ってサポートしてくれている。

本当に感謝しかない。

定年退職して収入が減ったのに、自分達も「生活ができん!!」っていいながら助けて貰ってる。「助けれん時はたすけれんって言う」って言うてくれたけど。

どうしたらいい!?どうしたらいい!?

またぶり返したらと思うと怖くて仕方がない。

でも、親にこれ以上苦労させたくない。

登校拒否の息子。今は幼い時に受け止めてあげれなかった不安を今こそ受け止めてあげる時期だとも…思ってる。

親も大切。子供も大切。健康も大切。

寝ていても、起きていても時間は刻一刻と進んでいく…。

どうする…??わたし。