ARASHICの気まぐれ日常生活奮闘日記

2児の母の私はウツ病になってしまいました。家族、友達、嵐に支えてもらい、勇気をもらいながら日々奮闘しております。テレビも見れない、音楽も聴けない、電気の明るさも無理だったけど、ここまで回復できたので、感謝の気持ちを忘れないよう日記を気まぐれに書き留めちゃいます(o´艸`)でも愚痴も言っちゃう(笑)

まめ

f:id:t1140306:20170504163915j:image

我が家のアイドル・ハムスターの「まめ」くん。一才です。

 

まめは毎日とても忙しく過ごしていますが、たまに私は彼の仕事?中に話しかけます。

「まめ〜。あのな、お母さん今かなり心臓バクバク動いて苦しいんだけど。」

と、言うと一旦作業を中断し、

「あ、そうですか。じゃぁ。」

みたいな感じで仕事を再開します。

 

高いところからジャンプをしたり、回し車で全力疾走したりと大変そうなのですが、その小さな体で忙しく動いている姿を眺めながら思うのです。

 

こんなに小さな体で毎日規則正しく生活して立派だなぁ。と。

朝食、夕食の時間になると、飛び跳ねてアピールしてくれます。

 

まめと話せたらどんな感じなのかな?

会話は一方通行だけど、まめの小さな体から沢山のエネルギーをもらえる気がする。

 

まめ、いつも元気に過ごしてくれてありがとう。

たまに愚痴を言う母さんを許しておくれ。