日常生活奮闘日記

鬱な毎日と子育ての日常生活を日記にしました。

良妻賢母

最近、「良妻賢母」について考えています。

母方の大正生まれの祖母(今は天国にいます)は、毎朝、早く起きて掃除に仕事に動き回っている姿を今でもハッキリ覚えています。

いつも、キレイに整頓された部屋で過ごしていました。

そして、私の母も早く起きて父に弁当を作り、掃除を済ませて仕事に行き、帰ってきたら夕飯作りや後片付けなどで忙しく、一緒にテレビを見て過ごしたりした記憶がありません。

特に父は、子供であろうと、食事は必ず男性が先に食べるなど、男性を立てる、そんな育ち方をしてきたようです。

 

私にはとっても真似できません。

頭の中では、いつ来客があってもいいように片付けて掃除が出来ているのがベストだと。

主人には感謝しているし、尊敬しているけど、「早く帰ってきたい」「ゆっくりリラックス出来る場所」を作れているのか、身だしなみを整えてキレイな姿で過ごしているのか?

いやー、悲しいもので何も出来ていないのが現実です…。

時代の変化は勿論ありますが、基本はやっぱり家族を思いやる存在でありたい。

いつか、完璧じゃなくて良いから現代版の良妻賢母になりたいな。