ARASHICの気まぐれ日常生活奮闘日記

2児の母の私はウツ病になってしまいました。家族、友達、嵐に支えてもらい、勇気をもらいながら日々奮闘しております。テレビも見れない、音楽も聴けない、電気の明るさも無理だったけど、ここまで回復できたので、感謝の気持ちを忘れないよう日記を気まぐれに書き留めちゃいます(o´艸`)でも愚痴も言っちゃう(笑)

ひとりごと。

あなたには本当に情けなくて、悲しくて、残念で仕方がない気持ちでいっぱいです。

たくさんの病気を抱えながらも、色々と我慢強く、優しい性格がある所を知っています。

でも、悪い所も知っています。

死ぬまで縁が切れないけど、ただ願うのは「幸せ」になって下さい。

苦労を忘れないで下さい。

当たり前なんて事は存在しないと思って下さい。

自分の苦しみばかり見ずに、大切な人の苦しみも見てください。

相手の苦しみと自分の苦しみを重ねず、苦しみの重さを比較しないで下さい。

比べるのは「今の自分」と「過去の自分」を比べて下さい。

自分だけ苦しいんじゃない。相手も苦しい事を忘れないで下さい。

本当に「病気だから、何かしてもらって当然」って考え方をやめて欲しい。

頭では分かっていても、気持ちが追いつかないのかな?とも思います。

私にもそういう時があるから。

今はきっと苦労しつつも「幸せ」を感じてるんじゃないかな?と思っています。

やっと手に入れた幸せを逃さないように、「感謝」と「労り」を忘れないで下さい。

私は今の状態を「当たり前」に思わず、奇跡として受け止めて、感謝の気持ちを忘れずに過ごす事を目標にしています。

私は未熟者なので、今はまだ、あなたを受け入れる器は持っていません。

でも、できるだけの事はします。

いつか、受け入れる日が来るように努力します。

今はまだ、あなたを大切に思うことができませんが、あなたの代わりにあなたの宝物を大切に守らせてもらいます。

いつか、また会う日が来たら笑顔で迎えれますように…。