ARASHICの気まぐれ日常生活奮闘日記

2児の母の私はウツ病になってしまいました。家族、友達、嵐に支えてもらい、勇気をもらいながら日々奮闘しております。テレビも見れない、音楽も聴けない、電気の明るさも無理だったけど、ここまで回復できたので、感謝の気持ちを忘れないよう日記を気まぐれに書き留めちゃいます(o´艸`)でも愚痴も言っちゃう(笑)

朝が来たな…

(๑•́ω•̀๑)夜が明けでしまったぜ…。

一睡もできなかった。

焦り、憤り、不安がどんどん溢れてくる。

気づいたら36歳になってた。

気づいたら父ちゃん定年がきた。

気づいたら子供たちが成長してた。

年の離れた弟のような、我が子のような甥っ子。高3になるんだ。

長男が中2、長女が小3。

仕事しなきゃ。仕事しなきゃ。

みんなは「病気をしっかり治してから働こ」って気長に待ってサポートしてくれている。

本当に感謝しかない。

定年退職して収入が減ったのに、自分達も「生活ができん!!」っていいながら助けて貰ってる。「助けれん時はたすけれんって言う」って言うてくれたけど。

どうしたらいい!?どうしたらいい!?

またぶり返したらと思うと怖くて仕方がない。

でも、親にこれ以上苦労させたくない。

登校拒否の息子。今は幼い時に受け止めてあげれなかった不安を今こそ受け止めてあげる時期だとも…思ってる。

親も大切。子供も大切。健康も大切。

寝ていても、起きていても時間は刻一刻と進んでいく…。

どうする…??わたし。